コンセプト

実体験が少ない人は評論や監査しかできません。

専門家や評論家の一般的な知識を学習することで商店営業経営の手法がある意味で

理解できた気になって開店開業しても

独自の個性を生かした商店経営を

永続的に継続するのはとても難しいものです。


実践体験者(講師=山田稲繁)の生の声を学習し

実践を積み確認しながら 少しでも実践体験の経営手法を現場(売り場のある環境)で自ら率先して学び体得しない限り

これからの「グローバル化していく社会=共感と関係性がキーワードになる社会」では、

生活が安定し向上するほどの利益を上げ続けられる商店事業経営は難しくなります。


将来「○○したい!夢を叶えたい!」と声を出すだけでは とても夢は叶えられません。


また、過去と現実のノウハウに執着し続ければ成功はできません。


失敗を恐れていると

未来に挑戦する(潜在能力を生かす機会)チャンスを失い「できたことができないこと」にもなります。


当り前のことですが 心に余裕がなく豊かでない人は 他者を豊かにすることはできません。


「商店営業経営実践体験塾」とは

「人・モノ・お金」を有効に活用する技術(生き方の技術)の習得を目的にしており

自らの能力を確認するできる場でもあります。


主体的な行動力を後押しするのは自分自身の心の持ち様となりますので、

しっかりした商店営業手法を学びたい塾生におすすめです。






 


塾講師である山田稲繁は商品企画・製造・直接小売販売を個人で創業し現在の会社組織に至る(39年間~)までに数々実践体験した実体験(失敗談と成功談)からの「成功の法則」=「利益を確実に生産する商店経営の手法」をご縁のある受講者の皆様へ伝授いたします。



「商店営業経営実践体験塾」で学び得る「気づき」を実践できれば不安定な状態に訪れる「迷い」「憂い」「苦しみ」などで方向性を見失う場合でも 自らの決断「覚悟」を信じ抜くことができ最善の方向性を選択したり実行(努力)することができ 自然と良い方向へと独自の商店営業経営を昇華させ繁栄させることができることでしょう。



ビジネスを起業するなど夢や目標に挑戦することは素晴らしいことですが、確かな現実と経営手法を理解しないで実行してしまうと持ち時間という貴重な財産を失ったり事業経営失敗という「大きな損失」に繋がる可能性も出てきます。



グローバル化が進む市場も多様性のある多人種との繋がりもコミニュケーション能力が不足すると不安定な時代としか意識できなくなりそうですが、「商店営業経営実践体験塾」の積極提案型営業の極意の各講座を受講し真剣に学習すれば自らに自信(謙虚でぶれない心)を持つことができ豊かな人生を今後は体験できるのではないでしょうか?



社会の未来を明るくする・豊かにすることができる技術を学び 希望する目標の職業に生かすことができれば 毎日の生活もより楽しくなるでしょう。



どんなに体力に自信があっても高い山(目標)への登頂を目指すときには実践体験者(良き協力者)の経験から導き出した知恵や工夫の情報収集は、確実に安全・安心の為に必要です。



散歩の途中では高い山への登頂はできませんから知識も知恵も自ら率先し学習しながらしっかり登頂できる基礎体力を身につけていきたいものです。



「商店営業経営実践体験塾」の長期小売店開業経営講座は 受講者のそれぞれの個性に合わせて講師が独自にカリキュラム(講座内容)を有効にアレンジしながら実践体験講座を行いますから受講者ご自身の長所(伸ばしたいところ)や短所(改善し強化したい弱点)の改良にもきっとつながることでしょう。



☆ 山田稲繁が講師をする「商店営業経営実践体験塾」は毎月5名までの受講者数に達しますと自動的に受付終了とさせて頂きますので 何卒ご了承くださいますようにお願いします。




お知らせ


「商店営業経営実践体験塾」入塾受講資格
■ 性別、年齢、キャリア、学歴、法人個人を問わず「社会経験(短期アルバイトを含む仕事経験)」インターネット接続ができる環境(スマホ可)のある方でしたらどなたでも入塾できます。

(未成年の場合は保護者様の同意書が必要です。) 


例えば 個人の場合

■オリジナルの雑貨ショップや服飾アクセサリーショップなどサービス小売業を近い将来に実店舗かインターネットモール内に店舗をオープンしたい、、、。

■販売員の経験があるので理想的な小売店舗開業前に「仕入れの技術」や「商品プロモーション(販促)」等の知識や開業プランの仕方などを確認したい、、、。

■営業販売の専門職としても小売店主としても更なる商品流通知識などを吸収する機会として講座を受講し利益を出す提案営業のスキルアップを目指したい、、、。


例えば 法人の場合

■企画製造卸売業を営むメーカー&問屋企業様が新設で「雑貨小売販売事業部」を立ち上げる場合には店舗開店以前の担当責任者への受講をおすすめします。

■雑貨を取り扱う企業とか海外取引のある商社に就職したい方や職業能力スキルアップの為に小売店経営手法を少しでも学びたい方にも受講をおすすめします。

■グローバル化する市場にオリジナル商品が通用するのか試験販売したいメーカー・問屋様への受講をおすすめします。

■地方都市から東京など関東地方に営業エリアを拡大し販売チャンネル(SNS・WEB店舗など)を習得したい業者様への受講をおすすめします。

■商品の仕入れの技術を追求し利益率と商品転換率を効率化しながら売り上げアップを目指したい業者様への受講をおすすめします。

受講までの流れ
1. 応募フォーム送信
メール、電話などでご相談の上で面談日時を決定
2. 面談(30分程度)
受講者のご希望や個性(感性やセンス)を考慮の上で受講スケジュールを決定
3. 受講開始